VOICE

卒業生の声(OB・OGInterview)

平成27年度卒業生 東京工業大学2年

早川 航太 さん

「勉強というものは誰かにやらされるものではなく、
本来自分から主体的にやるものであるということを学びました。」

恩師

今思い返せば、平塚学園で過ごした3年間は私にとって大変貴重な時間であったと思います。
入学したばかりの頃は東工大に行きたいという気持ちは正直全くありませんでした。
しかし、東工大に行くという高校2年生の時に立てた目標が実現したのは、 私自身が在学中絶えず多くの人に支えられていたからだと思えます。1年生の時、 私は普段の授業、補習を通して勉強というものは誰かにやらされるものではなく、 本来自分から主体的にやるものであるということを学びました。

この事実に気づいてから、勉強というものに対する意識が大きく変わったと思います。
その後、明確に東工大に行きたいという気持ちが生まれました。
「東工大に行くためには特別進学コースで勉強するべきなのか」と 悩んだ時にも担任の先生が後押しをしてくれたおかげで、 クラスも2年生からは特進クラスに変わりました。毎日朝夕行われる進学補習は、 普段の学校生活や行事を共にしているクラスメイトと受験勉強に向かうことで、 切磋琢磨してライバルとして競い合い、互いを成長させることができたと思います。 「このクラスメイトには負けたくない!」という気持ちが、
思うように勉強がはかどらず自分に自信が持てなくなった時の大きな励みになりました。
確かに大学受験そのものはあくまで個々の戦いであると思います。 しかし自分一人で何かをするには限界があります。 だからこそ同じ目標を持っている仲間達と同じ空間で努力し、 互いを高め合うことはとても大事なことであると補習を通して実感しました。

経験

平学の特進、進学コースは勉強ばかりしているというイメージがあるかもしれません。
しかし実際のところ自分自身平学で過ごした3年間、 ずっと勉強ばかりをしていたわけではありませんでした。
平学には体育祭や文化祭などの多くの行事があり、 それらの行事が普段の学校生活に活気を与えてくれていたと思います。特に1年生の時、 体育祭で行ったエッサッサでは「本気でやることの大切さ」を先生に教えていただき、 そのあとの学校生活での過ごし方が大きく変化したと思います。 夏の野球応援では全校生徒で大変盛り上がったことは今でも印象深く残っています。 また2年生の時のオーストラリア研修は、私自身にとっても初めての海外旅行であり、 多くの新しいことに出会い、様々なことを感じることができました。 この7日間の海外研修で体験したことは大学生となった今でも多くの場面で役立っています。 また部活動と補習とを両立をしているクラスメイトもいて、 休み時間も懸命に努力している姿に勇気づけられました。 時には学校行事と勉強の両立を大変に感じることもありましたが、 しかしそれが結果として勉強へのモチベーションにもつながったのではないかと思います。

友情

毎日の補習は大変ではありましたが、 予備校のように勉強だけをしに学校へ行くというような認識は私には全くなく、 今振り返るとむしろクラスの友人達との会話や、 昼休みにサッカーをするのが楽しみで学校へ行っていたような気がします。
友人達と学校で過ごした貴重な時間があったからこそ私は困難を乗り越えることができ、 そして一人の人間として大きく成長することができたのだと思います。 いま大学での生活が充実していて楽しむことができるのも、 高校でのこの経験があってこそであるとはっきりと言えます。

感謝

「受験だけでなく卒業後の私たちのために親身に指導してくださる 先生方が平塚学園には沢山いる。」
これこそが平塚学園の最大の魅力だと私は思います 。在学中には先生方の意図がつかめきれなかったこともありましたが、 平塚学園を卒業してから先生方が伝えたかったことが今多少なりにもわかったような気がします。 こんなにも私たちに対して真剣に接してくれた先生方は今までいなかったと思います。
大きな支えになってくださった先生方には感謝をしきれません。

実現

公立の高校に落ち入学したばかりの頃は夢にも思わなかった東工大の受験。
これは平学で出会った多くの友人たちや先生方がいなければ決して実現させることはできなかったと思います。
平塚学園はこのような素晴らしい出会いがある場所であると思います。
私は、3年間で培った多くの貴重な経験を忘れずに、 これからの人生に生かしていきたいと思います。

PAGE TOP PAGE TOP
Copyright © 2017
Hiratsuka Gakuen, All rights reserved.
Copyright © 2017
Hiratsuka Gakuen, All rights reserved.

上に戻る