RUGBY

ラグビー部最新情報

2018.10.24

激闘の末に

10月20日の土曜日、全国大会県予選で横須賀高校と対戦しました。県立高校の中にあって、常にベスト8、ベスト4に位置し続ける強豪校。数年前から毎年1年生のデビュー戦をさせてもらい、試合終了後にはオレンジジュースとバナナを片手に互いの芸(?)を披露しあうなど、とても親近感のあるチームです。大きな相手に対しても、2人、3人がかりのタックルで倒し、気づけば会場を全員味方に変えてしまう、我々がお手本としてきた尊敬するチームでもあります。
試合は前半開始からピンチとチャンスを繰り返し、一進一退の攻防が続きました。前半終わって0-0。お互いの意地と意地のぶつかり合い。後半に入って、湘南の海岸で鍛えあげたモールからチャンスを作ったものの、一瞬の隙を突かれカウンターから失点。その後も我々のお株を奪うモール攻撃で5点を追加され厳しい展開に。我々も最後まで諦めず、たくさんの声援による後押しもあり執念のトライ。その後も自陣からボールを繋いて反撃を試みたもののここでノーサイド。7対10で3年生は引退となりました。
「今年一番のベストゲームをしよう。最後まで走れなくなるまで走ろう」と言って送り出し、それを見事実行してくれた選手たち。この3年間の思い出が走馬灯のように浮かび上がり涙があふれました。「もうだめだ」と思うシーンもたくさんありましたが、指一本でも相手を離さない執念、諦めない心、全力プレーが、何度もピンチを救い、見ている人々を感動させたのではないかと思います。そんな選手たちを誇りに思います。保護者の皆様、けがの心配やドロドロの洗濯ともこれでおしまいです。本当にありがとうございました。残された後輩たちが1年後、どんなドラマを演じてくれるのか楽しみにして下さい。
Blue Weeds(青の雑草集団)を今後ともよろしくお願い致します。

アクセス お問い合わせ
PAGE TOP PAGE TOP
Copyright © 2017
Hiratsuka Gakuen, All rights reserved.
Copyright © 2017
Hiratsuka Gakuen, All rights reserved.

上に戻る