創立70周年を迎えて

「70年の経験とたゆまぬ努力。その原動力は愛」

平塚学園松風幼稚園は、令和2年度に創立70周年を迎えました。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。

本学園の教育の歴史は昭和17年、平塚女子商業学校の創立によりスタートしました。当時から人間育成における幼児教育の重要性を説いてきた創立者・大澤辰治は、同校において女子教育に打ち込むかたわら、昭和25年に松風幼稚園(旧平塚学園幼稚園)、昭和29年に花水幼稚園、西秦野幼稚園を設立。さらに昭和26年に平塚学園商業高等学校を男女共学校に改革し、今日の普通科3コースを有する平塚学園高等学校に発展させることで、幼児教育から高等学校教育へと至るより体系的な人間育成環境を創造してきたのです。

幼児教育には、ふたつの大切な場所があります。ひとつは体系的な幼児教育を受ける幼稚園、もうひとつは、幼児が家族とふれあう家庭です。だからこそ、本学園では幼稚園と家族との相互理解を大切にし、子どもにとってのより理想的な環境を追求し続けています。

それでは、子どもにとってのより理想的な環境とは、具体的にはどのようなかたちなのでしょうか。もちろん、その答えはひとつではありません。家庭のあり方は実に様々であり、子どもを育てるご両親のお考えもあるでしょう。

ただ、何よりも大切なのは、家族がたがいに愛し合い、優しさと厳しさが調和した円満な環境であること。そして幼稚園は、子どもの資質や環境を無視した画一的な集団教育を排し、その子供の個性を重視した総合的な人間育成が行える環境であることです。

創立者大澤辰治は「教育とは国の礎であり、幼児教育は人間形成の基礎である」と言葉を残しました。時代の変遷や社会の変化の中で平塚学園では、幼稚園の立地環境や設備・教材はもちろん、毎日のカリキュラム、教員の能力、家庭との信頼関係など幅広い視野から幼児教育の理想のかたちを追求。さらに、社会環境の変化に対応できる柔軟な思考力と想像力を養い、様々な体験の中から豊かな感性を育むため、先進性と進取性に富んだ教育指導を模索し続けています。

常に人間の育成を主眼に置き、果てなき理想を追求し続ける平塚学園。その行動力を支えるパワーの源は、未来を担う子どもたちへの真摯なる愛なのです。

平塚学園はこれからも未来永劫変わることのない幼児教育を実践すべく研鑽を積み、子どもたちの健やかな育ちと未来の為、全教員邁進していく所存です。令和という新たな時代の中でこれからもあたたかいご支援・ご協力を宜しくお願い致します。

学校法人平塚学園高等学校
理事長 大澤 一仁